治療症例集 月別: 2017年8月

web予約

診療時間
10:00 ~ 19:00
休診日
水・日・祝
  • 〒114-0032 東京都北区中十条3-35-1 桑沢ビル4F
  • 03-5948-9431
キービジュアル

銀歯を白くする「コンポジットレジン」にて治療した症例|東十条・十条の歯医者、三條歯科医院

2017年08月21日

「虫歯を治したい」という主訴でご来院されました。

(年齢:30代 男性)

 

昔他医院で治療した下記の歯と銀歯の隙間からむし歯が再発していました。

いわゆる一度治療した歯が再度虫歯になってしまう「二次カリエス」と呼ばれるものです。

 

治療前:

 

 

二次カリエスになってしまう原因としては、

補綴物の劣化や治療精度の問題、十分でないプラークコントロールが挙げられます。

特に銀歯は、経年に伴い劣化しやすい材質で、劣化が進行すると補綴物と歯との間に隙間や段差ができます。

そこから細菌が侵入して虫歯が発生してしまい、むし歯を繰り返してしまうリスクが高まります。

 

そこで、今回は「コンポジットレジン(CR)」での治療を提案しました。

 

コンポジットレジンとは、液体状の特殊なプラスチックを削った部分に流し込む治療法です。

 

コンポジットレジンのメリット・特徴として、


①2次カリエスになりにくい:

接着性が高いので隙間ができにくく虫歯再発のリスクが通常のインレー(詰め物)と比べて少ないと言えます。

 

②できるだけ削らない治療:

むし歯になった箇所だけを削って治療することができるので、歯を削る量が少なくて済みます。

(通常のインレー(詰め物)の治療の場合、むし歯の部分だけを削るということができないため、削る量ががどうしても多くなってしまいます。)

 

③金属アレルギーの心配がない:

金属ではないので金属アレルギーの心配がありません。

 

④自然な色調:

金歯や銀歯などのメタル材質とは異なり、歯の白さに近い色調なので自然な色を再現することができ目立ちません。

 

⑤治療期間が短い:

歯型を取る必要がないので、治療期間が短く1回で終わることがほとんどです。


 

 

治療後:

 

 

治療後は、自然な色調の見た目にも満足していただき、

現在もメンテナンスにも定期的に通っていただき、良い状態を保っています。

 

治療期間:1回で終了

 

下がってしまった歯肉を「結合組織移植術」により元の状態に戻した症例|東十条・北区の歯医者、三條歯科医院

2017年08月13日

「つめものが取れた」という主訴でご来院されました。

(40代男性)

 

検査を行ったところ、歯周病が進行していたため、

歯周病の治療と、歯肉の改善をご提案しました。

 

治療前:

 

上の写真のように、歯肉が下がってしまい歯の根の部分が露出してしまっていました。

このような状態の場合、見た目の問題はもちろんのこと、
「歯の根が露出」することによって「知覚過敏」になってしまう可能性、
また根の部分は柔らかくデリケートなため「虫歯になりやすい」状態になってしまいます。

このようになってしまう原因は様々ですが、
・過度のブラッシング
・もともと歯肉と骨が薄い
・噛みあわせのバランスが悪い
・矯正治療によるもの
などが挙げられます。

 

結合組織移植術を行い、下記のように下がってしまった歯肉が元の状態に戻すことができました。

 

治療中:

 

治療後:

 

一番最後の写真は治療後4年経過したものですが、

術後の良い状態をそのままキープできています。

 

治療期間:約3ヶ月

 

当院では、下がっている歯肉を出来るだけ元の状態に戻す、
結合組織移植術(上顎からの歯肉を治療部位に移植する方法)を行っております。

※虫歯になる前に治療をお受けいただくことをおすすめします。
虫歯になってしまってからでは適応外となることがあります。
※歯周病によって歯茎が下がってしまっているケースは適応外となることがあります。

 

 

インターネット予約

〒114-0032 東京都北区中十条3-35-1 桑沢ビル4F

診療時間
10:00 ~ 14:00---
16:00 ~ 19:00---

△火・木曜日 午後:18:00まで
★土曜日 午後:15:00~18:00 / 休診日:水・日・祝日

03-5948-9431

このページの先頭に戻る